ホッチキス針の分別方法がこれでも大丈夫ということ知ってますか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホッチキスの針は使ったことがあると思いますのでご存知ですよね。

そのホッチキス針の分別方法が今注目されているようです。

ホッチキス針の分別方法

ホッチキスの箱の裏に印刷されている「ホッチキス針は古紙再生工程で支障ありません」の文字の意味するところは何だったのでしょうか。

普段使っていてもホッチキス針の分別について、箱は意識して見ていなかったという人が、多いということだと思います。

スポンサーリンク
スポンサー リンク

ホッチキス針の分別方法を再確認

ホッチキス本体や針の大手メーカー「マックス」の1000本入りの箱の裏面を見ると、確かに「ホッチキス針は古紙再生工程で支障ありません」の文字が印刷されています。

裏面の「ホッチキス針は古紙再生工程で支障ありません」の文字の記載を始めたのは2001年9月1日出荷分からだといいますから、ずいぶん前からなのに気づきませんでした。

「ホッチキス針は古紙再生工程で支障ありません」

これは古紙の再生過程では、水とともに古紙を溶きほぐして繊維状にしてから、除去装置を複数組み合わせて、異物やインク粒子などを取り除いているから古紙再生工程で支障がないということのようです。

この場合の異物というのがホッチキスに当たるのでしょう。

このホッチキス箱の裏を見てください。

ホッチキスの針を製造・販売するマックス株式会社の公式サイトの中の環境保全への取り組みで、「古紙リサイクル時のホッチキス針について」次のような記述がありました。

Q 紙についたホッチキス針はリサイクルの障害になりますか?1本1本外すのは手間がかかるのですが…

A 紙につけたままでもリサイクルに出すことができます

マックス株式会社より引用

このページの再生紙が出来るまでの説明も大変参考になりました。

私達が普段使っている一般的な8.4mm幅の針だけでなく、少し大きめの11.5mm幅の針もありますが、箱の裏に書いてあるのでこれも同じように取らなくても大丈夫なようです。
でもこちらの記事をよく読んでみると、分別の際に針を外さなくてもいいと言っているわけではないようですね。

記事の一部を抜粋掲載させていただきました。

ホッチキス針、外す必要ない? 「古紙再生で支障なし」記載の真偽は
実際に再生紙を製造している王子製紙と日本製紙に聞いたところ、「再生紙を製造する過程で除去する工程があるので、そのままでも問題ありません。しかし、できる限り外していただいた方がありがたいです」との回答でした。

やはり、古紙を分別する際には、出来る限りホッチキス針は外したほうがいいことは間違いないようです。

私も分別の際には、ホッチキスの針は金属なので、紙からホッチキスの針を抜くのが大変でも取っていました。

それでも、取り忘れて入ってしまったらどうなるのだろうとは思っていましたが、この記事を読んでみて少し安心したところです。

この小さなホッチキスの針を紙から外す、外さないということが、これだけ注目されるということを聞くと、同じように紙から外すことに苦労していたのだろうと思います。

みなさんのごみ分別や古紙のリサイクルに対する意識が高くなってきたということなのでしょうね。

リサイクル意識が高くなって来てることは素晴らしいと思います。

そこで、この機会に古紙に混ぜられると困るものが他にも多くあるそうですので、これらの古紙にも注意してください。

 古紙再生促進センターのホームページでは、「粘着物のついた封筒」「裏カーボン紙」「感熱紙」などが混ざると「紙を作る上で重大な障害が起こります」として注意を呼びかけています。

皆様の地域の古紙の出し方についても確認してください。

家庭ごみのゴミじゃぽん

ビックリ
【こんな記事も読まれています】
ネコのうんちをトイレに流すと悲劇が!燃えるゴミで出そう!

スポンサーリンク
スポンサー リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA